オンラインゲームナビトップページ > ロールプレイングゲーム(RPG)とは?

ロールプレイングゲームの基礎知識

ロールプレイは日本語でいうと「なりきり」に近く、物語の登場人物になりきって楽しむという意味合いです。

そのまま解釈すればレースだろうがシューティングだろうがほとんどが当てはまります。

ゲームを分類別に分けるとするなら、シミュレーション、アクション(格闘)、シューティング、パズル、アドベンチャー、レース、テーブルあたりがゲームの大分類と思います。

そんな中でも、ストーリー性のあるものなら○○RPGと何でもロールプレイングに含んでいる感があり、今RPGと名の付くゲームに共通の項目というと、シナリオ(ストーリー)があるってことくらいしかないと思います。

最初は電源ゲームでなく、複数の人が机を囲んで話しながら進めるという会話ゲームで、この種のものをテーブトークRPGと呼びます。

幼児が遊ぶ”ままごと”みたいなものです。ウィザーズアンドコースト社(国内販売はホビージャパン社)が出しているダンジョンズ&ドラゴンズ(現在は第3版)などにその古典的な姿を見ることができますよ。

PAGE TOPへ

ロールプレイングゲーム(RPG)の歴史

元々は戦争シミュレーションゲームから派生したアメリカで考案された遊びです。

◆ロールプレイングゲームとは

参加者が各自に割り当てられたキャラクター(プレイヤーキャラクター)を操作し、一般にはお互いに協力しあい、架空の状況下にて与えられる試練(冒険、難題、探索、戦闘など)を乗り越えて目的の達成を目指すゲームの一種のことをと言います。

または、このような遊びを行うために作られたルール。様々な設定と制約の元で、空想上の世界で物語の登場人物のように活躍できるというものです。

戦争シミュレーションゲームにおいては、プレイヤーが操作していた戦車や戦闘機、軍団といったユニット(ゲーム上のコマ)を、騎士や兵士個人に置き換え、そこに仮想人格としての信条や個性、能力を付加するとロールプレイングゲームへと繋がる流れになります。

簡単言うと、「ロールプレイ」とは日本語で言うとするなら「なりきり」が近いですね。
物語の登場人物になりきって楽しむという意味合いです。

そんな中でも、ストーリー性のあるものなら○○RPGと何でもロールプレイングに含んでいる感があり、今RPGと名の付くゲームに共通の項目というと、シナリオ(ストーリー)があるってことくらいしかないと思います。

PAGE TOPへ

コンピューターロールプレイングゲームとは

オンラインゲームではコンピュータを使ったロールプレイングがある

その名のとおりですが、コンピュータを使ったロールプレイングゲームの事ですね。

それぞれ独自の世界観とストーリーを持ち、ゲームシステムにキャラクターの成長要素を備えた、主人公視点の疑似体験型冒険物語を表現するゲームであることが多いですね。

実際の世界では、体験する事が出来ないこの世界観が、なんと言っても魅力ですね。

最も多く見られるタイプのコンピュータRPGでは、プレイヤーは一人の主人公とその仲間を操作し、障害として立ちふさがるモンスターとの戦闘を繰り返しながら「経験値」を蓄積してパワーアップし、徐々に行動範囲を広げていき最終的に「架空世界の危機を救う」等の目標を達成するというのがおおまかな流れです。

初期のゲームでは、ヒットポイント(HP)やマジックポイント(MP)、ゴールド(G)などといった有限のリソース(資源)をいかにうまく管理運用してより効率的に探索できるか知恵をめぐらす事が面白さでしたね。

最近のゲームでは、行動範囲を広げていくうちにさまざまな登場人物と出会い、ドラマ・演劇的なシーンが表現されて物語が繰り広げられるようになったことで、物語表現媒体としての側面が強調されています。

特に、3D技術の進化と共に、さらにファンは惹きこまれてきたのではないでしょうか。
まるで、実写映画のワンシーンを見ているような完成度は、20年前のロールプレイングゲームでは、予想もつかなかったですね。

PAGE TOPへ

オンラインゲームのロールプレイングの種類(MMORPG)

オンラインゲームでは、ロールプレイングは主に2種類に分けられます。

MMORPGとMORPGです。詳しく見ていきましょう。

◆MMORPG

Massively Multiplayer Online Role-Playing Game (マッシブリーマルチプレイヤー オンラインロールプレイングゲーム)

オンラインゲームのRPG(MMORPG)

「多人数同時参加型オンラインRPG」と訳されます。
つまり簡単に言うと、複数のプレイヤーがひとつの世界に参加するというロールプレイングゲームですね。

プレイヤーはパソコン通信の端末ソフトやTELNETターミナルソフトを介してサーバに接続し、コマンドを入力して自分のキャラクタを行動させたり、同じサーバに接続しているほかのプレイヤーとのチャットを行うことが出来るようになります。

このMMORPGには、テレビでやるロールプレイングゲームと大きな違いがひとつあります。

「セーブされたデータ」からやり直すという概念は存在しなくなるという事です。

コンピュータゲームでは操作を誤った場合やその他、前の状態に戻りたいと思うことが結構ありませんでしたか?
特にRPGでは一部のゲームを除いて最悪の場合に陥っても「セーブされたデータ」からやり直せることを前提としてゲームが作られてましたね。

でも、このMMORPGには、「セーブされたデータ」からやり直すという概念は存在しないのです。
理由としては、他のプレイヤーの操作との矛盾を引き起こすためです。

ゲーム内のキャラクターが死亡した際は以前の状態に戻るのではなく、一定のペナルティ(一定の割合の経験値を失う、一時的に能力値が低下する、アイテムをその場に放棄しなければならないなど)を受けて生き返る形で続行することになる。

またMMORPGの中では、プレイヤー間で戦闘が出来るシステムを売りの一つにしていたが、ある程度強くなったプレイヤーが他のプレイヤーを狙い撃ちして倒すというプレイヤーキラー(PKer)なども発生します。
特にゲームを始めたばかりで対抗手段をもたない場合は満足にプレイできない状態にることもあります。

現実の世界では出来ない事が出来るって事を念頭においてPKerされたとしても感情的にならないように対応して下さいね。これも、MMORPGの醍醐味のひとつです。

PAGE TOPへ

オンラインゲームのロールプレイングの種類(MORPG)

◆MORPG

Multi-player Online Role-Playing Game(マルチープレイヤー オンラインロールプレイングゲーム)

オンラインゲームのRPG(MORPG)

「複数プレイヤー参加型オンラインRPG」などと訳され、オンラインゲームの一種でコンピューターRPGをベースとしたものを指す。複数のプレイヤーがネットワーク(インターネット)を用いて一つの世界で同時にRPGをプレイする。

この内容だと、ぱっと見、MMORPGと同じように見えますが、違いとしては、MMORPGはサーバ内に存在するゲーム世界に対し不特定多数のプレイヤーが接続するというものです。

それに対しMORPGは比較的少数のプレイヤーが集まり、独立したゲーム世界を作成してそこでゲームをプレイするというものになります。

MORPGの幾つかにはロビーと呼ばれるゲーム開始前の待ち合わせチャットルームがあります。

そこで募った数名のメンバーとルーム(部屋)と呼ばれる独立したゲーム世界に接続するという仕組みです。

大規模であるが故の様々な問題を抱えるMMORPGに対して根本的な問題解決方法の一つとしてこうしたMORPGのシステムが再評価されてきてます。

次は「アクションゲームとは?」です
PAGE TOPへ
オンラインゲームナビトップページ > ロールプレイングゲーム(RPG)とは?